◎フッ素

歯のエナメル質(歯のいちばん外側の部分)の表面やエナメル質の細かい隙間に入り込んで、虫歯(菌の出す酸)に抵抗力のある歯質を作ります。

@ 再石灰化の促進作用
     溶け出した歯をもとにもどしてくれる力
A 耐酸性の高い歯質をつくる
     歯のいちばんの敵”酸”に強くなる
B 細菌に対する直接作用
     酸を作らせない

フッ素をより効果的に使うには(ホームケア)
・フッ素は少量のものを長時間にわたり使用する
・就寝中は唾液の分泌量が著しく低下するために就寝前によく歯を磨き、フッ素洗口をおこなうとよいでしょう
・使用後はできるだけうがい、飲食はしない(30分くらい)

◎シーラント

歯の溝は、食べかすが溜まりやすく、ムシ歯になりやすい場所です。ムシ歯になる前の歯の溝を歯を削らずに液状の樹脂を流し込み、埋めてしまいムシ歯にならないように予防しようというものです。(削ってつめていませんので、樹脂はとれやすいです)

☆母子感染について

ムシ歯菌は感染します。お母さん・お父さんのムシ歯菌(ミュータンス菌)は唾液を介して子供に感染します。                             ・歯ブラシ、スプーンの共有はやめましょう。
・口移しはやめましょう。
・そしてお母さん・お父さんのムシ歯治療と歯磨きも大切です