今までの治療法との違い治療はどのようにして行なわれるかインプラントQ&A

インプラント治療は人工歯根療法ともいわれ、歯の抜けた部分のあごの骨にインプラント(人工歯根)を入れて支柱とし、その上に支台部(歯を直接支える部分)と人工の歯をしっかりと固定する治療法です。

インプラントは生体との親和性が高いチタンという金属で造られています。
チタンは長年の基礎的、臨床的研究からインプラントの材料として最も安全であり、またあごの骨と結合することが確認されています。インプラントとあごの骨がしっかりと結合すれば、その上には丈夫で安定した歯を作ることができます。
入れ歯ではどうしても満足することが難しかった”食べる・話す”こともインプラント治療によりご自分の歯と同じような感覚を取り戻すことができます。

いままでの治療法との違い

歯を1本失った場合

失った両隣の健康な歯を削って、ブリッジにして固定します。

失った部分だけにインプラントを埋めますので、健康な歯を傷つけません。

歯をたくさん失った場合

健康な歯に金属のバネをかけて、入れ歯を固定します。違和感があり、バネをかけた歯にも負担がかかります。

入れ歯の床や金属の違和感がなく、バネをかけた健康な歯への負担もありません。

使用感

・インプラントはあごの骨で固定する治療法ですので、ガタついたり痛みを感じたりすることがなく、天然の歯と同じような感覚で噛むことが出来ます。
・発音や発声の妨げになることがありません。
・入れ歯による唾液の分泌障害などを起こすことがありません

味覚

・異物感がほとんどなく、しっかり安定していますので、ご自分の歯と同じようにおいしく食事ができます。

審美性

・バネがないので、自然できれいな歯並びがよみがえります。

天然歯への影響

・インプラント治療は健康な歯を削ったり、支えにすることがないので、ご自分の歯を傷めることがありません

治療はどのようにしておこなわれるか?

第一段階
<インプラントの植立>

まず、インプラントを顎骨に埋め込みます。局部麻酔を使用しますので、痛みがありません。手術した後の組織が治癒するまでの最初の1〜2週間のあいだは、感染予防が特に大切で、できるだけ歯科医院でのケアが必要です。インプラントの植立後1.5〜3ヶ月間は、インプラントと周囲組織が結合するのを待ちます。

第二段階
<インプラントの連結装置の接続>

簡単な外科手術により、インプラントと上部の連結装置を接続します。これが治癒するまでのあいだは、顎骨内の固定装置(フィクスチャー)には保護用キャップを用いますので、通常の義歯を使用することができます。
※この処置はインプラントのシステムによっては第一段階で終了している場合もあります。

第三段階
<上部構造装着>

1.5〜3ヶ月経って治癒が確認されると、その人にあった上部構造を制作し、取り付けます。上部構造には、固定式のものと取り外し可能なものと、2種類あります。取り付けが終わったあとは、口腔内の清掃状態の検査と、歯の噛み合せと機能をチェックするための検査が、定期的に行なわれます。

そこが知りたいインプラントの

インプラントはどんな人にてきしていますか?

食べものが美味しく食べられない、発音・発声に不便を感じる、入れ歯を使用すると異物感や痛みを感じる、どうしても入れ歯を入れたくない、などという方におすすめします。年齢的には顎の骨が完成する20歳前後から、健康な方なら基本的にはどなたでも可能です。ただし、妊娠中の方、全身疾患のある方などは制限される場合がありますので、担当医にご相談ください。

手術時に痛みはありますか?

手術は局部麻酔をして行ないますので、痛みに関してあまり心配はありません。

入院は必要ですか?

入院の必要はほとんどありません。通院で治療が可能です。

治療期間はどのくらいですか?

1.5ヶ月から3ヶ月程度です。個人差がありますので、詳しくは担当医にご相談ください。

診療終了後、気をつけることはありますか?

つねに口の中の衛生状態を良好に保ってください。定期的に検診を受け、担当医や衛生士の指導によく従っていただくことも大切です。

インプラントの寿命はどのくらいですか?

患者さんの口の衛生状態に大きく関係してきます。口の中の衛生状態が良ければいくらでも長持ちしますし、逆に手入れが悪いと寿命が短くなる場合もあります。

費用はどのくらいかかるのでしょうか?

現在は保険治療の適用になっていません。1本32万円(+Tax )からとなりますが、入れるインプラントの本数・場所(部位)などによっても異なりますので、詳しくは担当医にお聞きください。